上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.01 解禁
P3010024.jpg

1月の日本海から、あまり釣りに行く気にもなれず、すでに3月。この日も大して気分が乗らなかったのだけど、まあとりあえず行ってみるかってノリで解禁。
甲斐の川で解禁は初めてで、残雪もあって寒い。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2013.03.24 芦ノ湖ボート
3月23日 曇り

店長とO夫妻と湖尻からボート釣り。午前6時から11時まで。

P3230046.jpg

店長はさすがの釣りで風が吹き始めてから怒涛の入食い。僕もあれこれ教えていただいて、終了30分前にはようやく入食いに。
フライはノーウェイトのマラブーにヴィーバススレッドの組み合わせ。10フィートのナイロンリーダーに6Xのフロロを2ヒロ。これで細かくゆっくりリトリーブしてくると良く当たる。店長とは腕の差がすごい・・・湖で彼を上回る事は考えられない。さすがの釣りですね!
2013.03.26 尺ヤマメ
3月25日 曇り時々雨

堰堤上のポイントに午前11時30分ごろ到着。ルアーマン3人が入っていたらしく、足元のプールは空っぽ。そこで少し下流に移動してライズが無いか確認。
すると流芯でバシュっとライズ。続けて2度3度と。
18番のオリーブのコンパラダン、16番のダンはまったく食わない。確かに本物のアダルトが流下してもライズは無い。そこで16番のDDをキャストすると一発でした。

P3250050-1.jpg
29センチ
銀ピカボディがなんとも良いですなあ。流れに漬けてしばらく見入ってしまいました。
どうもであります。
過去ログはバックアップを取っているので、すぐにでも復活できたんですが、なんとなく面倒になり~ので、放置でした。
しかしまあ、こんなブログでも皆さんのお役にたっていたりする事があるらしいので、順次復活していくかもしれない今日この頃の心境であります。
休止中も少しは更新していたりするので、そんなのも織り交ぜながらチョイチョイやっていきます。
リンク先の皆さんには、これまでもコメント等いただき感謝しておりますが、管理人が基本的にテキトー人間なので、気が向いたときにだけコメ頂ければ幸いです。そんな緩いゆる~~いお付き合いのほどヨロシクであります。

で、話は変わって、先日の日曜日。
ザックにロッドとウェーダー(これはいらなかった・・・)、その他もろもろを詰め込んで往路2時間弱の渓へ行って来ました。久しぶりに新規開拓です。
P5260029.jpg
着いた先は意外や意外な流れ
沢山歩いた割にはシャビシャビな流れで失敗したかと思ったけど、なかなか良かったです。
P6050067.jpg
ちっとフライング気味ですた
時間を作ってあっちの山、こっちの山・・・あの渓、この渓と遊んでました。
5月の低温が響いているようで、雪代のタラタラ流しで水量はほどほどながら、活性はイマイチ的な感じです。
沈めればまた違うんでしょうが、トップの写真のような沢だとついつい面倒だし、そもそもベストにニンフボックス無かったり・・・

P6050066.jpg
沢の岩魚ってな感じだ
2013.06.16 習得ほぼ完了
P6130037.jpg

ちょっとした祝い事も兼ねつつ、2日間釣りを楽しんできました。天気は晴れたり、雨が降ったりと落ち着かない天候でした。そのわりには釣り人も多くて、2日目の朝以外は全て先行者ありと、なかなか厳しいものでしたが、それなりに楽しめて良かったなと。
P7010066.jpg
釣れちゃいそうだなあ
北アルプスは10日前ほどに300ミリ近い豪雨を記録し、山も川も満々と水を蓄えている状態。それ以降も梅雨らしくちょいちょい雨は降り続き、増水と濁りを繰り返した状態だったみたい。
やっと落ち着き始めたかなあという釣行前夜、またしても50ミリの雨・・・もう、どうにでもなれ~って事で人生ナチュラルドリフトに徹します。あっ、でも道具だけはニレ池や用水路でも楽しめるようにしたし、ニンフもウェットも万全です。

P7010058.jpg
初日の泣尺ぐらい
朝の_水温は10℃で水量多め。ドライだと出ても乗らないから10番のカディスピューパを沈め、頑張ってはみたんだけど手のひらサイズ。一度だけ大きいのが出たけれど、活性が低いせいか、ばれてしまった。ただ下手なだけなのに悪いのはみんな天気のせい・・・
活性が上向きになったのは午後1時過ぎ。ハッチし始めると急に上向きに。もう、あっちこっちでボッコボコ!バンバン水面を割ります。サイズも9寸前後ばかり・・・こちらも岩魚さん次第って事で。

P7010063.jpg
今日は大村ロッドのテストロッド
7.8フィートの3番だけど、小さい渓流なので4番を載せてみた。それでもリーダーキャストはいつもの4番より軽がるとこなせる。4番ラインを使う必要は無かったかも。もっと広々とした渓でラインを出して使ってみたいロッドで、なかなか楽しいヤツでした。

しかし、良い時間は長く続かなかったです。雨は本降りになり、水温が下がり始めたのか活性がガタ落ち。濁りも徐々に入り始めて、厳しくなってきた。
最後は枝やごみがガンガン流れ始めて、ついには泥濁り。入退渓箇所がほとんど無い渓だけど、うまくペース配分が出来たようです。いや、やっぱり偶然かな。。

P7020074.jpg
もうこんな場所しか釣りになりませ~ん
2日目は前日の雨でも釣りになりそうな渓へ。しかしそうは言っても渓は増水。落差のある渓で渡れないほどの水量だから苦労したけれど、それさえも楽しめるメンツなので、こんな状況でも楽しい!
水温は8℃で魚の出は悪い。そして水が多すぎてポイントが無いのです。まあ、けどチョイチョイ出てくれました。

P7020081.jpg
さらに別の流れへ逃げ込みます
こちらは幾分水量が減って、落ち着いた水面も少しづつ増えてきた。すると、たちまち岩魚が出始めます。時間的にも良くて、ポイントごとに反応するようになってきた。出る魚はほぼ9寸前後で、昨日よりガンガン出ます!もう止りませ~ん。良い時間にたたみかけます!
もっと釣っていたかったけど、帰り時間を考えてそろそろストップ。

P7020079.jpg
店長公認、なんとか大台サイズ
特別大きいサイズは出なかったけれど、9寸ぐらいの岩魚はたくさん出てくて、十分に遊んでもらいました。
車を止めてから、かなりの距離を歩いたけれど、こんな厳しい条件でも釣りになる場所を選んでいただき感謝感謝!マスター殿、いつもお世話になってます!飲んで、笑って、ガッツリ釣りして・・・もうお腹一杯!キジハタのアクアパッツアは帰り道の話題にもなるほどで、ゴチになりました!
厳しかったけど、天候はどうしようもないので、流されるしかねーのです!の巻き。
P7070095.jpg
まさかねー
関東は土曜日に梅雨が開けて、一気に夏モード全開!どっかで涼みたいなあ症候群が・・・
ついでになんだか無性にアマゴに会いたくなったので、日曜の朝だけのチョイ釣りです。
どうせなら以前から気になってた渓に行って、そこで20センチぐらいの綺麗なアマゴが釣れたらそれで満足だよなあと気軽な気持ちでやっていたら・・・
14番のドライフライにドバッ!ぎゅるぎゅるぎゅる~~うっそ!

P7070093.jpg
なんと尺アマゴ
ここに居なければどこに居る!ってポイントを20回以上叩いた気がする。他は稚魚がうるさかったけど、稚魚が顔を出してこないポイントだったから、逆に怪しい~ってね!

P7070101.jpg

ヤマメ、イワナ、アマゴ・・・シーズン中に3本揃うとは思わなかったよ!
P7090001-001.jpg

見た目以上に重い流れです。
釣りの方も難しいです。1投目にフライ先行で上手く流れれば、それなりにガップリいってくれるけど、ティペットの影をちらつかせながらの釣りだとまったく水面に出てこないです。

P7100008.jpg
泣尺かな
今日はもうこれぐらいが精一杯かなあと思った。開けた区間も終わって、戻ることも考えると時間的に最終の大プールという所。
その一つ下に1mぐらいの巻き返し。水深はかなり浅い感じなので、遠目からっと。

P7100012.jpg
36センチぐらいでした
下流から上流への巻き返しなので、真正面から大口を開けたのが見えた。フッキングしてからその場に居てくれればいいものを、敵もさるものながらで、すぐさま流芯に飛び込む。荒瀬を走り回って、一時は大岩の隙間に入り込まれそうになったけど、ロッドをとにかく立てて、なんとか凌いだ。
グラスロッドだからバットから曲がりすぎてどうにもならず、ネットに入れることも出来ないから、浅瀬に誘導。

リリース後に岩魚がいたポイントを見てみたら、くるぶしほどの浅い淀み。フライ先行で流すのが難しいポイントだったけど上手くいったみたいです。
あっ、そうそう、この後のヨレヨレ流れのプールでなんとなくライズっぽいなあと思って、なんとなくフライを投げた。見事にドラグが掛かったけど、フッキング!でもでも、首振り2秒で抜けた~。
なんとなく、最後は漫然と釣りしちゃって、大いに反省でした!

P7100028.jpg
2013.07.24 夏の渓
P7210054.jpg

7月になると自分はほとんどウェーダーを履かない、速乾ズボンでの釣り。ちょっと冷たい時もあるけれど、こんな綺麗な水ならば濡れる事もまた楽しい。

P7210059.jpg
夏!って感じの空
ギラギラ太陽が照り付けて、冷たい水がより心地良いです。
先日の土曜日は2年振りかな、名手のおじさんと釣り。泊まって日曜日は午前の3時間だけ釣りしてきました。結果的に言うと夏らしくそこそこシビアな釣り。初日は岩盤の際のほんとにギリギリを責めて尺2本。
2日目は人が多くてシビアな区間だけど、羽蟻がパラパラと出てくれて、尺1ツって感じでした。泣尺はまあまあ、出てくれたかな。

P7200014.jpg
巻き返しの岩盤ギリギリで

P7200020.jpg
こちらは大岩の巻きで
初日はカメラの設定がおかしかったようで、妙に青い写真になってしまいました。

P7210022.jpg
2日目はとにかくミリ足らない泣が多かった

P7210029.jpg
これも

でも

P7210044.jpg
なんとか良いサイズ

初日、名手のおじさんと午後から釣りをする予定だったので、午前は今年初めてのちょっぴり狭い流れに行ってみた。今年は釣れない情報ばかりだったから、どんなもんなのかなと思って。
確かに魚は減っていた。それもかなり。90分ぐらい釣りをして止めちゃったけど、なんとか3ツご挨拶。

P7200008.jpg
源流岩魚。9寸チョイで嬉しかった
このまま無事に産卵してくれると良いんだけどね。

P7210034.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。