上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03.04 2014年解禁
P3030001.jpg

待ちに待った解禁・・・ないな(笑)でも久しぶりなので楽しみでした。
今日はフライフィッシングショップの店長とFさんとおっちゃんと自分の4人。朝からパラパラと流下はあるんだけどライズも浮く魚も見えやしないので、しばらくは満開の桜を見ておりました。
移動した先の駐車スペースで駄目だなあ・・・なんて話をしていた矢先に店長がライズ発見。どーぞどーぞと型どおりのやり取りをして、自分が狙っちゃいます(笑)皆さんも三々五々に各プールへ。
目の前のプールには9寸弱ぐらいの魚がライズしてる。広範囲にクルージングしながらもっくもっくやっているから楽勝かと思ったのに・・・DDパターン駄目、サイズや色を変えても駄目、ダンも駄目・・・くそ~、極小のインジケーターに細身のニンフ・・・ちらっと振り向いた。おっ、脈あり・・・でも食わない。コカケロウにシマトビが流下。それとなんだか分からない14番ぐらいの虫も。ライズは続く・・・もしかしてフローティングニンフか?って事で17番のコカゲフローティングニンフ・・・一発で食ってきました・・・が、あえなくローリングで外された。ガクッときたけど、まあたぶんフライは合ったと思うので。

P3030006.jpg
解禁当初とは思えない伊豆の春
他にライズも見当たらないので、移動しながら他の方に電話するとFさんは釣れた~、店長はライズ対峙中~との事なのでヤバイデス。移動した先もライズは見当たらないし、おいしい時間帯を逃すと大変なことになるのが解禁なので、ヤバイデス・・・仕方が無く瀬のかん流帯を叩きます。ここぞっという場所でやっと出てくれました。

P3030004.jpg
やれやれ・・・14番コンパラダン
結局、釣れたのは1つだけど、マッチザハッチを堪能出来たし、釣り上がりの肩慣らしにもなった。やっぱり久しぶりだとライズに対する対峙もなんだかぎこちない・・・釣り上がりもこうじゃない・・・なんて思いながらの場面も多かった。リハビリも兼ねて良い解禁でした。

DSC_0045-1.jpg

そして帰りはご機嫌Fさん、ご馳走様でした~~
スポンサーサイト
2014.03.16 連敗中~
P3130015.jpg

30年振りだかの関東甲信の大雪による影響はいまだ雪代のタラタラ流しで継続中~
源流や細流に行けばニンフで成り立つんだろうけれど、今年はなんとなくライズにこだわって結局2連敗。開幕もほとんど負けゲームだしね。結果は3回釣り行って1匹!(笑)
今年の春は思うように遠征できないので、近場に絞って・・・マッチザハッチ。と、言っても片道2時間ではあるけれどさ。まあ、しょうがないです。
そんな訳で釣りはしてますが、開拓しながら・・・勉強しながら・・・なので釣れない事もしばしば。まとめてっと。

3月は確か5回釣りに行ってまともに釣れたのは1日だけ。

1962886_532511303533954_946093793_n.jpg
9寸クラス
3月26日、この日は唯一良かった。9寸2本に尺1本・・・ただし尺ヤマメはレンズに水滴がついたのかボケボケの写真・・・デカヤマメに限ってすっぽ抜け、バラシの連発・・・って事でびみょ~

4月も相変わらず開拓したり、コンディションが悪かったり・・・2月の大雪2発の影響をジリジリ引きづってる感じ・・・しびれるマッチザハッチの釣りに疲れると、癒しの小川で・・・リフレッシュ。

P4130014-1.jpg
山岳渓流で釣りあがり
4月13日はヤマメメインの渓流で時々岩魚。サイズは水温低いので、ちょいちょいだけど気晴らしになった。水温8℃で時々ストーンフライが流下して、時々ライズ。パラダンで釣れてくれるので楽です。

で、この前の日曜日。4月20日

P4200042.jpg
綺麗な尺ヤマメでした
プールで3時間弱待たされた。散発のライズはあるけれど、なかなかスイッチが入らない・・・やっと上向きになったところで出てくれました。

P4200056-1.jpg
強烈なローリングと強さでした
その他は近くの川でシーバス・・・リトリーブ中に1度だけフッキングしたけれどバレてしまった。まあ、まだ群れが少ないからこれからでしょ。潮のタイミングと稚鮎の溯上と・・・
あと、海は春から初夏に変わるタイミング。春の濁りが落ち着いて、水温が安定したらエギング。それに地磯からのキャスティズムで投げブッコミ・・・狙いは根魚ね。楽しそうです。それとマッチザハッチの釣りをもう少し・・・
明日の夜は仲間内で試投会の予定。。
P4290004.jpg

GWはちょっとした事情もあって、川シーバスばかり追ってました。シーバスといっても一方はバチ抜けでのライズ狙い。もう一方は遡上した稚鮎へのライズにしぼった釣り・・・大したことも無いとタカをくくっていたけれど、これがなかなか奥が深くて楽しいのです。

P4290009.jpg
バチフライでなんとかセイゴかフッコか・・・
バチは結局4日間、集中してやりこみました。バチ次第(バチの種類や数も含めて)という所もあるけれど、パターンがはまれば実に楽しい釣りができます。

IMG_1112.jpg
誘ってくれたSさん、ありがとうござます
僕以外の仲間二人はその手の釣りにかなり精通しているので、フライパターンもある程度出来上がっているようだけど、僕は僕なりのアレンジをして・・・最終的には良い方向に向かうことができた。
無駄な遠回りをしないで済んだのは仲間の助言による所が大きいです。バチの釣りはもうほぼ終わり。。また来年です。

IMG_1129.jpg
稚鮎の釣り
こちらは何も夜である必要は無いけれど、スイッチが入ったのがたまたまイブニング・・・今年は例年よりも稚鮎の溯上が遅れているのか・・・数が少ないのか・・・あまり良い状態ではないのです。
しかし・・・稚鮎を追った時の水面での激しいライズ・・・イワイミノーへの激しいアタックは止められませんです。しかも家からごく近い川・・・

IMG_1132.jpg
たらふく食べてコンディション抜群
6番のシングルで狙える・・・しかもライズを狙うような釣り・・・子育て世代に優しい至近距離・・・釣れない事がほとんどだけれどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。