上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
110622-01.jpg

いろいろとやり繰りして、午後3時半ごろ渓に立つことが出来た。
それにしてもまだまだ太陽は高く、ギラギラと容赦なく照り付けています。一年でもっとも昼間の時間が長い日。なんだか得した気分です。7時過ぎまでたっぷり釣りが出来ます。
... 続きを読む
スポンサーサイト
110619-02.jpg
川幅が絞られて圧倒的な水量の先に出来た小さな巻き返しで

110619-03.jpg
やっとの32センチでした

今年は残雪は多いし、なんとなく風が冷たくて水温がなかなか上がりません。それはどこの川に行っても同じです。良型ほど動きにくい、そんな感じがずっと続いているけど、少しづつ良くなっているかもしれないですね。
ガンガン流れの先のごく小さなポケットって長いティペットが活かしにくく、はっきり言って苦手です。でも今回は上手くいきました。

110619-05.jpg
あまり得意ではない川だけど・・・

110619-04.jpg
9寸強かな。出てくれてありがとう

僕も少しづつ調子が上向きかもしれないな。
なんとなくいつものリズムが戻ってきたようです。
110615-02.jpg

大村ロッドの7フィート3番を初めて触った時にきっとあの渓ならベストマッチするだろうなっていう渓に行ってきた。3時間弱の釣りだったけど楽しかったなあ。
朝の9時過ぎから入って水温8℃ほど。ちょっとドライフライには早いけど、10番のフライを見つけてくれたイワナはガップリいってくれます。

110615-01.jpg
大概はこのサイズだけど楽しいです
少ない入力に対して力を増幅してくれるロッドだから、近距離はほんとに釣り易く、ラクです。20センチほどのイワナでも十分楽しめるロッドだけど、いわゆるベナンベナンなバンブーロッドとは全く異なって、しっかりしたバットを持ってます。

110615-05.jpg
この渓ではグッドサイズの28センチでした
このサイズが出たってバットで受け止めてくれます。
対岸の小さな窪みに出来た巻き返しでチラチラ見えたイワナ。フライは大きければ何でもといった感じかな。

110615-04.jpg
熊は多いけど、見事な渓流です
予想通り、この渓に大村ロッド703SFはベストマッチだった。
上流部に行くにつれて、気温が上がるにつれて、良いサイズのイワナがボッコボコ。ポイント毎の出方だった。
やっぱり6月のイワナ釣りはこうじゃないとね。
IMG_0898 - コピー
まずはご挨拶の8寸
良くないですねー。僕の腕が良くないのは毎度のことにしても(ーー、水温、水量、石の状態がいまひとつ噛み合いませんです。とにかく魚が出ないし、見えないし・・・
1級ポイントからの反応はほとんど無かったです。おかげでこんな流れにもいるんだって発見にはなったけど、足で稼ぐ釣りになってしまいました。

IMG_0907 - コピー
こんなにたくさんカエルがいたっけ?

IMG_0910 - コピー
プールでライズしていたヤツはちょっと手強かった

IMG_0917 - コピー
このロッドにしてから長めのキャスティングレンジが楽になりました。764H4です。

IMG_0925 - コピー
やっとの泣きでした
3人のフライフィッシャーが攻めた直後のプール。ちょっと遠くの対岸に#11ピーパラをプレゼンテーション。50センチほどスーッと流れると泣尺がガッポリ。遠くで掛けると面白いです。ドライフライの釣りが一番楽しいと思える時ですね。
この時期にまる一日ロッドを振ってやっとこ20ちょっとです・・・ガックシ疲れました。途中はぜんぜん出ないから石の上で昼寝したり、カジカを探したり、のらりくらりと遊んでました。そんな集中力の無さが結果に出てしまうわけで・・・やってしまいました。40センチ級をフックアウト・・・

P1090644.jpg
なごみの店主と反省会
外房で撃沈らしい店長とビールで反省会。祝勝会にしたかったッス!

IMG_0930 - コピー
あんた下手ですなー
2011.06.05 大和岩魚の渓
IMG_0877.jpg
釣り始め早々に仰け反っていたけど(笑)、しっかりキャッチでした

知る限り蝦夷、日光、大和、御儀の4亜種に分類されるらしい本州の岩魚。その他にも無斑岩魚やぞんじゃ岩魚、キリクチなんてのも聞いたことがあるけど、岩魚ほど地域性が出る魚も珍しいですね。同じ日光でも地域によってさまざまです。で、今回はヤマト岩魚。
最後に見たのはたぶん、2005とか06年頃。ずいぶんご無沙汰でした。主に木曽川水系や天竜川水系に生息すうヤマト岩魚の環境は実に厳しいです。相次ぐ公共工事と養殖がラクらしいニッコウ岩魚の放流で、純粋なヤマト岩魚は貴重な岩魚になっています。

IMG_0884.jpg
背中に斑点が無いのが目に見える特徴
釣り上がった渓は本来大和岩魚の渓だけど、日光岩魚が放流されている少し残念な渓です。日光と大和はその付き場が違うから大和を狙うには少し意識的に狙う必要があるようです。
1ツ目は少しハイブリットかなと思う魚体だったけど、その後は純粋であろう大和岩魚をキャッチ。正直ホッとしました。なんとか残していきたい魚の一つですね。
また来年、調査したい渓です。
P1090503.jpg

プチご無沙汰しております。今日の午後は子供のプール教室をたまには見学しようと思って休みました。昨年の4月には水が怖くて顔もつけられなかったのに、泳いでいたりしてビックリです。本人も楽しくてしょうがないといった感じで、上達の秘訣ですね。
で、まあそんなこんな、時間も空いたので、久々のエントリーです。
忙しいのもあるけど、特に残すべきものもなく・・・釣りは一応していたりするんですが、あまり身が入らず、釣果も伴わず(あー、これはいつもどおりですね^^;)、そんなこんな日々を送っております。元気ではいるんですが、どうしちゃったんでしょうねー。淡白な釣りなんですよ。

P1090501
結構綺麗なヤマメですよね
水面下のライズでちょっと難しかったですが、こちらも桂川で少しは鍛えられているんで、いつもの張り付きパターンで余裕の勝利でした。もう少し大きければ尚、ヨシってとこでしょう。
僕の周りはあっちこっち豪勢な話で盛り上がってますが、最近驚いたのはアオリイカをフライで釣る人がいる事と僕の子供のころの遊び場でビンビンのシーバスを釣っている人がいる事。他にもサーフでキスを狙う人がいたり、パイク狙いやバス狙いの人がいたり、湖はどこも絶好調らしいし・・・もちろんこれらの話はみんなフライでの話なんですが、いやはやセンス抜群の凄腕ばかりで圧倒されますね。

IMG_0869 - コピー
むむっ、写真もなんだか腰砕け(笑)
反対に僕はちょっとまずい展開です。集中力がすぐ切れて、キャスティング~毛鉤の流し方も雑になって、ますます負のスパイラルにはまってます。そろそろエンジンかけないといけないんだろうけど、どうなんでしょうか。まるで他人事のようです。
楽しい釣りがしたいなあとは思うんだけど、どうにも自分の釣りが思うように上手くできなくてグッタリ。もともとそんなモンなんでしょうけど。

IMG_0872
お互い熊には気を付けましょう
僕は熊鈴がどうしても嫌いで1度しか付けたことがないです。チリンチリンとうるさくてかえって周囲の気配を消してしまっている気がします。危ないと思った場所はホイッスルとか手を叩くとか、こちらの存在をアピールしてますが、ウソかホントか耳よりな情報を聞きました。
ある熊撃ちの人達の間では『エアーサロンパス』を着けると熊が逃げる・・・らしいです。聞いてるときは冗談でしょ(笑)って思ったけど、真顔で言っていました。話半分ぐらいで聞いた方が良いですね。あと、特例を除いて、人間を見てびっくりした熊は10キロ以上も逃げるとも。だから『一度逃げた熊はもう近くにいないよ』らしいです。『熊は怖くねえ。イノシシの方が危険だ』なんて仰ると重みがあります。なんにしても一流の人達は凄いですねー。
二流の僕でも明日は良い釣りが出来ますよう・・・オネガイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。