上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出張先に留まってそのままお盆に突入しました。泊まって2日間おもいっきり楽しむつもりだったのだけど・・・
1日目、結果から言うと、なかなか釣れません。それどころか全く岩魚の姿も見えないし、どうしちゃたのでしょうか。大好きな流れだっただけに、がっかりと言うかちょっとショックです。
110813-03.jpg

今年はホントに厳しい釣りですね。なかなか良いタイミングで釣りが出来ません。なんとなく良いシーズンになるかなあと思っていたんだけど、いまいちですね。チャンスはそこそこあるんだけど、切れたり、フッキングしなかったり。そんなこんな山形以降、尺にめぐり合ってません。それにしてもガッカリだったなあ。
2日目はもうなんだか釣りをする気にもなれず、ウダウダと過ごし、お昼には帰ろうかなって事で車を走らせます。けれど、なんとなく気になって、途中の川で寄り道。盆休みに入っている訳だし、釣り人も多いだろうからと思っていたんだけど、意外や意外、誰もいなくて静かな流れだった。ダメ元でやってみるかあって事で川に降り立つ。ここ数日か、午前中の足跡か分からないけど、真新しい釣り人の足跡。
けれど、釣りはやってみないと分からないですね。

110813-04.jpg

芯の流れからほんの少しだけ向こう側を流した毛鉤が沈み石に差し掛かった頃、スッと頭を出した岩魚は久しぶりの尺だった。こんな所でっていう流れです。
散々叩かれて、今日の流れも厳しいです。出にくいし、出ても岩魚は小さい。でも今日はそれなりの釣りをする事でなんとかリズムを保ってきました。今年は大物にこだわり過ぎていたようです。それで、リズムも狂っていたのかなと思って、昨年までの釣り方に戻してみたんです。

110813-05.jpg

そうやっていると、さらにコンディションの良い岩魚が出てくれました。

11-813-05.jpg

メンディングは効かない遠くの対岸の流れ。ややダウンクロス気味に沈み石に流し込むと綺麗にフライに出てくれました。フッキング後は素晴らしい走りでスレ掛かりかと思ったほどです。
気がつくともう夕方です。久しぶりに時間を忘れて釣りに没頭できました。イブニングは雷が鳴り始めて断念せざるを得なかったけど、なんとなく救われた感じかな。あのまま帰らなくて良かったなと。
この日は2本出てくれたけど、なんだか尺岩魚がほんとに貴重になりつつあるなって感じる今日この頃です。僕も最近は写真撮影もほんとに短時間で終わらせてあげてます。魚のエラに大量に水が入らない状態はやっぱり厳しいでしょう。写真のクオリティ云々よりも早く流れに返してあげる事。リリースするならやっぱりそうあるべきかなと最近は特に思いますね。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→http://ffdesiawase.blog26.fc2.com/tb.php/185-2a8a0ed8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。