上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.06 メバリング
いつもの海に着いてみるとあまりにも強い風・風・風
そんな日に暗闇でフライキャスティング出来る自信ありませんから・・・哀れへなちょこは湾内に逃げつつ、ついでにルアーロッドに持ち替えてっと・・・

P1100282.jpg
クリアピンクのワームにて
湾内は程よくうねりが入っている感じで、シーバスも水面にウロウロしていてなんだか良い感じ。あと1時間ほどで満潮の上げ潮に、曇ったおかげで月のない暗闇。そんなこんな後付けの原因を探すには十分な感じです。実際もの凄く活性が高かった。
友達のMくんとその奥様と3人で爆釣してしまいました。岩魚釣りでも何でもそうだけど、すごく活性が高い時ってあるけどそんな感じ。それにしてもルアーってすごいなあと改めて実感。手返しの良さ、風に対する強さ、魚に対するアピール力などなど、海釣りとしての完成度がすごく高い。いちおう僕もフライフィッシャーの端くれだからそんな事を思いつつも、ルアーロッドから持ち替えられません(^^;あーナサケナイ
で、楽しいねーなんてワイワイやっていると、護岸際で小さなアタリがあったのでガッと合わせると・・・

P1100287.jpg
ちょこっと撮影させてもらって、すぐにご帰還していただきました
強い引きで上がってきたのは27センチでした。いやー、むちゃくちゃ嬉しいです。
この日はサイズが上がるほどアタリが小さい感じで、ロッドやラインの感度が重要なんだなあと実感してきました。もちろん雑誌などの情報では分かっていたけど、その言ってることがやっと分かった感じ・・・いまさらだけどね(笑)で、そうなると僕の性格的にやっぱりもう少し追い込みたくなる訳で・・・

P1100291.jpg
ダイワの79UL-T
もちろん感度の話だけじゃないけど、ずっと迷っていた次の一手。
7ft9inのチューブラーテッィプです。メバル用のルアーロッドって食い込みを良くするために、竿先だけあえて空洞にせず(ソリッドティップ)、柔軟にしているんだけど、それは逆にキャスティング時のテッィプの返りに影響してくると思うんだ。多分・・・ね。だから今度は空洞(チューブラーティップ)なのです。長さも迷ったけど、気持ち長めの方が良いかなと。そんなこんな色々考えての選択です。
で、ちょっとだけ使ってみたけど、軽いし、ロッドの抜けも良い感じ。そして感度もすごく高いのがよく分かる。だからと言ってより釣れるかって言われると、どうなんでしょうね。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→http://ffdesiawase.blog26.fc2.com/tb.php/200-839afdea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。