上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P7010066.jpg
釣れちゃいそうだなあ
北アルプスは10日前ほどに300ミリ近い豪雨を記録し、山も川も満々と水を蓄えている状態。それ以降も梅雨らしくちょいちょい雨は降り続き、増水と濁りを繰り返した状態だったみたい。
やっと落ち着き始めたかなあという釣行前夜、またしても50ミリの雨・・・もう、どうにでもなれ~って事で人生ナチュラルドリフトに徹します。あっ、でも道具だけはニレ池や用水路でも楽しめるようにしたし、ニンフもウェットも万全です。

P7010058.jpg
初日の泣尺ぐらい
朝の_水温は10℃で水量多め。ドライだと出ても乗らないから10番のカディスピューパを沈め、頑張ってはみたんだけど手のひらサイズ。一度だけ大きいのが出たけれど、活性が低いせいか、ばれてしまった。ただ下手なだけなのに悪いのはみんな天気のせい・・・
活性が上向きになったのは午後1時過ぎ。ハッチし始めると急に上向きに。もう、あっちこっちでボッコボコ!バンバン水面を割ります。サイズも9寸前後ばかり・・・こちらも岩魚さん次第って事で。

P7010063.jpg
今日は大村ロッドのテストロッド
7.8フィートの3番だけど、小さい渓流なので4番を載せてみた。それでもリーダーキャストはいつもの4番より軽がるとこなせる。4番ラインを使う必要は無かったかも。もっと広々とした渓でラインを出して使ってみたいロッドで、なかなか楽しいヤツでした。

しかし、良い時間は長く続かなかったです。雨は本降りになり、水温が下がり始めたのか活性がガタ落ち。濁りも徐々に入り始めて、厳しくなってきた。
最後は枝やごみがガンガン流れ始めて、ついには泥濁り。入退渓箇所がほとんど無い渓だけど、うまくペース配分が出来たようです。いや、やっぱり偶然かな。。

P7020074.jpg
もうこんな場所しか釣りになりませ~ん
2日目は前日の雨でも釣りになりそうな渓へ。しかしそうは言っても渓は増水。落差のある渓で渡れないほどの水量だから苦労したけれど、それさえも楽しめるメンツなので、こんな状況でも楽しい!
水温は8℃で魚の出は悪い。そして水が多すぎてポイントが無いのです。まあ、けどチョイチョイ出てくれました。

P7020081.jpg
さらに別の流れへ逃げ込みます
こちらは幾分水量が減って、落ち着いた水面も少しづつ増えてきた。すると、たちまち岩魚が出始めます。時間的にも良くて、ポイントごとに反応するようになってきた。出る魚はほぼ9寸前後で、昨日よりガンガン出ます!もう止りませ~ん。良い時間にたたみかけます!
もっと釣っていたかったけど、帰り時間を考えてそろそろストップ。

P7020079.jpg
店長公認、なんとか大台サイズ
特別大きいサイズは出なかったけれど、9寸ぐらいの岩魚はたくさん出てくて、十分に遊んでもらいました。
車を止めてから、かなりの距離を歩いたけれど、こんな厳しい条件でも釣りになる場所を選んでいただき感謝感謝!マスター殿、いつもお世話になってます!飲んで、笑って、ガッツリ釣りして・・・もうお腹一杯!キジハタのアクアパッツアは帰り道の話題にもなるほどで、ゴチになりました!
厳しかったけど、天候はどうしようもないので、流されるしかねーのです!の巻き。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→http://ffdesiawase.blog26.fc2.com/tb.php/250-12fce4e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。