上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P8160027-001.jpg

子供の成長に従って、年々自分だけの釣りって訳にはなかなか・・・特に夏休みは。
今年の8月はなんだかんだといろいろあって、エントリーもままになりません。先週末までお盆休みを戴いていたんだけど、世間様並みにフルで家族と過ごしてました。脱線するけど、家族サービスって言葉はなんか好きじゃないな。上から目線的な感じがするのは自分だけかな。
そんなこんなだけどチョイチョイ隙をついての釣りはしてます。ところでトップの写真。
息子が放流を一切していない渓で26センチと27センチを釣り上げた。毛鉤はラバーレッグの悪いフライ。それなのにさほど嬉しくない感じ。水遊びの方が活き活きしてるし、鯉釣りの方が楽しい!だって。
彼にとっては釣堀の鯉も源流の岩魚釣りも一緒。ネイティブだからとか、フライだからとか、そんなのは大人の思い込みと勝手なランク付けなんだなあと思った。釣りはなんでも楽しいよね。

P8160035-001.jpg
盆休みの隙をついて
恒例の2日キャンプに2日コテージ。自分だけの釣りはなかなか出来なかったけど、なんとか尺岩魚に遊んでもらえた。イブニングライズはキャストごとに釣れたけど、サイズは上がらず・・・そうかと思えば全く釣れなかったり。
1時間ぐらいの釣りばかりだったから、落ち着いては出来なかったね。

P8040008.jpg
別の日に北アルプスで
盆休み前の北アでは、いつものサイズ止まり。しかし故あって、いろんな方の釣りを後ろからつぶさに観察することが出来た。それ以来から盆休み中にかけて、いろいろとイメージし、いろんなシステムで釣りをした。モノになったものもあるし、どうにも出来ない事もあった。メリットを感じる場面もあったし、デメリットが目立つ場面もあった。
状況によっては使える物とそうでないもの・・・他人はどうしてそういうシステムで釣りをしていたのか、どうしてそのフライを使っているのか・・・なるほどなあと思うことも多かった。
9月になったら自分だけで、思いっきり釣りをしたいけど、どうかな。なんかちょっと疲れたし、9月もなんだかんだと予定が多い。それに海もなあ。秋風が吹く頃にはアオリイカやカマス、カワハギも良いからなあ。さて、どうしたもんかな。
2013.09.06 近況

7月のヤマメの渓
気兼ねなくフライロッドを持っていたのはもう1ヶ月近くも前のこと。僕にしては珍しい事この上ないです。
数年前から眼の不具合があって、だましだましやっていたのだけれど、ここ1年ぐらいは1段階進んだようで、長距離の高速運転にかなり支障が出てきました。今日も大学病院にいったのだけど、しばらくかかりそうです。まあ状態が良ければ、それでも行かれるんですけどね。
ま、それはともかく、近場の渓流と思っても試験勉強やなんやかんやで、なかなかタイミングが合わないのです。運転の事を考えると渓流に行きたいんだか、そうでもないんだか・・・よく分からず9月に入ってしまいました。
まっ、僕のことだからどっかのタイミングでは必ず行きますけどね!
では、みなさん良いラストスパートを!
P9210025.jpg

来週の土日は息子の運動会があったり、自分の野暮用があったりで行けそうに無いから、たぶん今回が最後。久しぶりにこちら様にお世話になってきました。僕自身も一日釣りが出来るのは久しぶり。
やっぱりと言うか、目論んでいたとおり日本海のエギングも好調とか。渓流は3割ぐらいやって、さっさと日本海へ出撃の予定でしたが、どうでしょうか・・・トップのチョイ釣り渓へ行き始めた頃はほとんど岩魚だった。最源流部で小さいヤマメが時々釣れる程度だったのに、この数年でいつの間にかずいぶんヤマメが増えた。漁協の放流は無いはずなんだけど、良い流れの筋はほぼヤマメが独占してる。大半はコッパさんですけど・・・

P9210019.jpg
9寸オーバーの秋ヤマメでした
足跡があったりしたからそこそこすれているけれど、流速とタイミングが合えば#12とか#14のカディスにばっくりと出る。来年楽しみな渓がひとつ増えた。
2時間弱やってツ抜けしたところで気持ちはさっさと日本海。岩魚釣りはまた明日っと。ルンルンで行ってはみたがイカは釣れない。富山行っても・・・海の親爺でも・・・夜になっても・・・むうっ。まあ海はそんなもんです。
翌日、軽く山岳渓流へ。カメラ忘れたけれど、数はそこそこ釣れた。しかしたぶん放流魚主体。あの渓のネイティブ岩魚は少し独特の固体だから違いが良く分かる。まあそれは良いとしてもサイズが上がらない。一度尺近くありそうな奴も出たけれど乗らなかった。はい、それっきり・・・

P9210024.jpg

ブログ見た方から大丈夫?なんて電話やメールで声かけていただいたり、ありがたい限りですが、ご心配をおかけしてすみません。
実は1年ぐらい前から病院には行っていて、耳鼻咽喉系な所には問題ないようですが、眼は斜視だそうです。これが一因だと思いますが、数ヶ月はその程度を経過観察するようです。ただ、軽度の斜視だけで運転に支障が出るのかなと思うので、どうもよく分かりませんが1つ1つやってみるしか今は無いのです。眼科で手に負えなければ脳神経的な所に行き着きますかね。
今のところはうまく付き合っていくしかないので、深く眠って疲れ眼をリセット出来るように晩酌もきっぱり辞めました。斜視は常に眼の緊張状態を強いられるので疲れるんです。ま、そのうちなんとかなるでしょう。晩酌辞めてだいぶ楽になったしね。
今年は7月中旬から大ブレーキになったけど、来年はその倍返しをする覚悟でございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。