上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P4290004.jpg

GWはちょっとした事情もあって、川シーバスばかり追ってました。シーバスといっても一方はバチ抜けでのライズ狙い。もう一方は遡上した稚鮎へのライズにしぼった釣り・・・大したことも無いとタカをくくっていたけれど、これがなかなか奥が深くて楽しいのです。

P4290009.jpg
バチフライでなんとかセイゴかフッコか・・・
バチは結局4日間、集中してやりこみました。バチ次第(バチの種類や数も含めて)という所もあるけれど、パターンがはまれば実に楽しい釣りができます。

IMG_1112.jpg
誘ってくれたSさん、ありがとうござます
僕以外の仲間二人はその手の釣りにかなり精通しているので、フライパターンもある程度出来上がっているようだけど、僕は僕なりのアレンジをして・・・最終的には良い方向に向かうことができた。
無駄な遠回りをしないで済んだのは仲間の助言による所が大きいです。バチの釣りはもうほぼ終わり。。また来年です。

IMG_1129.jpg
稚鮎の釣り
こちらは何も夜である必要は無いけれど、スイッチが入ったのがたまたまイブニング・・・今年は例年よりも稚鮎の溯上が遅れているのか・・・数が少ないのか・・・あまり良い状態ではないのです。
しかし・・・稚鮎を追った時の水面での激しいライズ・・・イワイミノーへの激しいアタックは止められませんです。しかも家からごく近い川・・・

IMG_1132.jpg
たらふく食べてコンディション抜群
6番のシングルで狙える・・・しかもライズを狙うような釣り・・・子育て世代に優しい至近距離・・・釣れない事がほとんどだけれどね。
スポンサーサイト
今年の春は思うように遠征できないので、近場に絞って・・・マッチザハッチ。と、言っても片道2時間ではあるけれどさ。まあ、しょうがないです。
そんな訳で釣りはしてますが、開拓しながら・・・勉強しながら・・・なので釣れない事もしばしば。まとめてっと。

3月は確か5回釣りに行ってまともに釣れたのは1日だけ。

1962886_532511303533954_946093793_n.jpg
9寸クラス
3月26日、この日は唯一良かった。9寸2本に尺1本・・・ただし尺ヤマメはレンズに水滴がついたのかボケボケの写真・・・デカヤマメに限ってすっぽ抜け、バラシの連発・・・って事でびみょ~

4月も相変わらず開拓したり、コンディションが悪かったり・・・2月の大雪2発の影響をジリジリ引きづってる感じ・・・しびれるマッチザハッチの釣りに疲れると、癒しの小川で・・・リフレッシュ。

P4130014-1.jpg
山岳渓流で釣りあがり
4月13日はヤマメメインの渓流で時々岩魚。サイズは水温低いので、ちょいちょいだけど気晴らしになった。水温8℃で時々ストーンフライが流下して、時々ライズ。パラダンで釣れてくれるので楽です。

で、この前の日曜日。4月20日

P4200042.jpg
綺麗な尺ヤマメでした
プールで3時間弱待たされた。散発のライズはあるけれど、なかなかスイッチが入らない・・・やっと上向きになったところで出てくれました。

P4200056-1.jpg
強烈なローリングと強さでした
その他は近くの川でシーバス・・・リトリーブ中に1度だけフッキングしたけれどバレてしまった。まあ、まだ群れが少ないからこれからでしょ。潮のタイミングと稚鮎の溯上と・・・
あと、海は春から初夏に変わるタイミング。春の濁りが落ち着いて、水温が安定したらエギング。それに地磯からのキャスティズムで投げブッコミ・・・狙いは根魚ね。楽しそうです。それとマッチザハッチの釣りをもう少し・・・
明日の夜は仲間内で試投会の予定。。
2014.03.16 連敗中~
P3130015.jpg

30年振りだかの関東甲信の大雪による影響はいまだ雪代のタラタラ流しで継続中~
源流や細流に行けばニンフで成り立つんだろうけれど、今年はなんとなくライズにこだわって結局2連敗。開幕もほとんど負けゲームだしね。結果は3回釣り行って1匹!(笑)
2014.03.04 2014年解禁
P3030001.jpg

待ちに待った解禁・・・ないな(笑)でも久しぶりなので楽しみでした。
今日はフライフィッシングショップの店長とFさんとおっちゃんと自分の4人。朝からパラパラと流下はあるんだけどライズも浮く魚も見えやしないので、しばらくは満開の桜を見ておりました。
移動した先の駐車スペースで駄目だなあ・・・なんて話をしていた矢先に店長がライズ発見。どーぞどーぞと型どおりのやり取りをして、自分が狙っちゃいます(笑)皆さんも三々五々に各プールへ。
目の前のプールには9寸弱ぐらいの魚がライズしてる。広範囲にクルージングしながらもっくもっくやっているから楽勝かと思ったのに・・・DDパターン駄目、サイズや色を変えても駄目、ダンも駄目・・・くそ~、極小のインジケーターに細身のニンフ・・・ちらっと振り向いた。おっ、脈あり・・・でも食わない。コカケロウにシマトビが流下。それとなんだか分からない14番ぐらいの虫も。ライズは続く・・・もしかしてフローティングニンフか?って事で17番のコカゲフローティングニンフ・・・一発で食ってきました・・・が、あえなくローリングで外された。ガクッときたけど、まあたぶんフライは合ったと思うので。

P3030006.jpg
解禁当初とは思えない伊豆の春
他にライズも見当たらないので、移動しながら他の方に電話するとFさんは釣れた~、店長はライズ対峙中~との事なのでヤバイデス。移動した先もライズは見当たらないし、おいしい時間帯を逃すと大変なことになるのが解禁なので、ヤバイデス・・・仕方が無く瀬のかん流帯を叩きます。ここぞっという場所でやっと出てくれました。

P3030004.jpg
やれやれ・・・14番コンパラダン
結局、釣れたのは1つだけど、マッチザハッチを堪能出来たし、釣り上がりの肩慣らしにもなった。やっぱり久しぶりだとライズに対する対峙もなんだかぎこちない・・・釣り上がりもこうじゃない・・・なんて思いながらの場面も多かった。リハビリも兼ねて良い解禁でした。

DSC_0045-1.jpg

そして帰りはご機嫌Fさん、ご馳走様でした~~
2014.02.02 遠投サビキ
DSC_0016.jpg

先週末の2日間、偶然一緒になった美濃FAのオーナーと一緒に恒例の日本海でサビキを60m超投げてのアジ釣り。(サビキは僕だけですが)
1日目は潮が動かずほぼ敗退。メバルも駄目でした。2日目は20時半頃からず~~っとアジ祭り♪最大は33センチでした。数はリリースも含めると50以上かな。釣れ続けると、寒いけど忙しくてアツイ暑い。隣の人達はヤリイカが釣れているというので、自分もやってみたけどダメ~!準備不足・・・潮がタラタラ動いて良かったですね。タナは10mちょいと浅かったなあ。2本竿を出して浅い棚と深い棚、明るいケミ蛍と暗いヤツ・・・型が良いのは暗くて浅いほう・・・これちょっと不思議だった。
サビキも奥が深い~~の巻き。

白馬の海猿さま
お世話になりました。さっそく勉強させていただいたトマトソースを使い、同じ材料でマルゲリータを・・・油が濃すぎずおいしかったです!トマトソースも深みが出ましたよ!感謝感謝です。
DSC_0013.jpg

明けましておめでとうございます。
今日は仕事始めでしたが、もう何回言ったんだか・・・それはさておき、年々お正月の雰囲気が薄れてる。お店は普通に元日からやっているし、車は多いしね。みんな、休みましょうや・・・なんて言ってられませんよね。失礼。
R0010691.jpg

ちょっと時間を作ってはせっせとエギングに出かけている始末です。ある時はひとり、ある時は仲間と。釣れる時もあるし、もちろん駄目な時もあるけれど。今年はこれまでなかなかエギングでは良い所なくて、思い切ってエリアを変え始めたら、そこそこ釣果が伴ってきた。
本当はねー、いろんな所に行きたいのだけど、先立つモンがアレだからさ。眼鏡を作ったけど、ちょっと慣れないのもあるしね。そんなこんなで比較的近場で遊んでます。
2013.10.16 全力で海!!
禁漁になった事を密かに喜んでるフシがある・・・だって、渓流へ行こうか、海へ行こうか迷わないで済むから・・・

DSC_0020.jpg
この日はエギングで伊豆をランガン
しかしね~、今年は・・・と言うよりは昨年があまりにも良すぎた。そのイメージなもんだから、まあ~苦労してる。せっかくさあ、DAIWAのエメラルダスEX 86M-HDが手に入ったのに、見合うアオリはね~・・・けっこう頑張って通って、いろいろと試しているんだけどね。昨年はビギナーズラックだったから、その分、今年は勉強している感じかな。
P9210025.jpg

来週の土日は息子の運動会があったり、自分の野暮用があったりで行けそうに無いから、たぶん今回が最後。久しぶりにこちら様にお世話になってきました。僕自身も一日釣りが出来るのは久しぶり。
やっぱりと言うか、目論んでいたとおり日本海のエギングも好調とか。渓流は3割ぐらいやって、さっさと日本海へ出撃の予定でしたが、どうでしょうか・・・トップのチョイ釣り渓へ行き始めた頃はほとんど岩魚だった。最源流部で小さいヤマメが時々釣れる程度だったのに、この数年でいつの間にかずいぶんヤマメが増えた。漁協の放流は無いはずなんだけど、良い流れの筋はほぼヤマメが独占してる。大半はコッパさんですけど・・・

P9210019.jpg
9寸オーバーの秋ヤマメでした
足跡があったりしたからそこそこすれているけれど、流速とタイミングが合えば#12とか#14のカディスにばっくりと出る。来年楽しみな渓がひとつ増えた。
2時間弱やってツ抜けしたところで気持ちはさっさと日本海。岩魚釣りはまた明日っと。ルンルンで行ってはみたがイカは釣れない。富山行っても・・・海の親爺でも・・・夜になっても・・・むうっ。まあ海はそんなもんです。
翌日、軽く山岳渓流へ。カメラ忘れたけれど、数はそこそこ釣れた。しかしたぶん放流魚主体。あの渓のネイティブ岩魚は少し独特の固体だから違いが良く分かる。まあそれは良いとしてもサイズが上がらない。一度尺近くありそうな奴も出たけれど乗らなかった。はい、それっきり・・・

P9210024.jpg

ブログ見た方から大丈夫?なんて電話やメールで声かけていただいたり、ありがたい限りですが、ご心配をおかけしてすみません。
実は1年ぐらい前から病院には行っていて、耳鼻咽喉系な所には問題ないようですが、眼は斜視だそうです。これが一因だと思いますが、数ヶ月はその程度を経過観察するようです。ただ、軽度の斜視だけで運転に支障が出るのかなと思うので、どうもよく分かりませんが1つ1つやってみるしか今は無いのです。眼科で手に負えなければ脳神経的な所に行き着きますかね。
今のところはうまく付き合っていくしかないので、深く眠って疲れ眼をリセット出来るように晩酌もきっぱり辞めました。斜視は常に眼の緊張状態を強いられるので疲れるんです。ま、そのうちなんとかなるでしょう。晩酌辞めてだいぶ楽になったしね。
今年は7月中旬から大ブレーキになったけど、来年はその倍返しをする覚悟でございます。
2013.09.06 近況

7月のヤマメの渓
気兼ねなくフライロッドを持っていたのはもう1ヶ月近くも前のこと。僕にしては珍しい事この上ないです。
数年前から眼の不具合があって、だましだましやっていたのだけれど、ここ1年ぐらいは1段階進んだようで、長距離の高速運転にかなり支障が出てきました。今日も大学病院にいったのだけど、しばらくかかりそうです。まあ状態が良ければ、それでも行かれるんですけどね。
ま、それはともかく、近場の渓流と思っても試験勉強やなんやかんやで、なかなかタイミングが合わないのです。運転の事を考えると渓流に行きたいんだか、そうでもないんだか・・・よく分からず9月に入ってしまいました。
まっ、僕のことだからどっかのタイミングでは必ず行きますけどね!
では、みなさん良いラストスパートを!
P8160027-001.jpg

子供の成長に従って、年々自分だけの釣りって訳にはなかなか・・・特に夏休みは。
今年の8月はなんだかんだといろいろあって、エントリーもままになりません。先週末までお盆休みを戴いていたんだけど、世間様並みにフルで家族と過ごしてました。脱線するけど、家族サービスって言葉はなんか好きじゃないな。上から目線的な感じがするのは自分だけかな。
そんなこんなだけどチョイチョイ隙をついての釣りはしてます。ところでトップの写真。
息子が放流を一切していない渓で26センチと27センチを釣り上げた。毛鉤はラバーレッグの悪いフライ。それなのにさほど嬉しくない感じ。水遊びの方が活き活きしてるし、鯉釣りの方が楽しい!だって。
彼にとっては釣堀の鯉も源流の岩魚釣りも一緒。ネイティブだからとか、フライだからとか、そんなのは大人の思い込みと勝手なランク付けなんだなあと思った。釣りはなんでも楽しいよね。

P8160035-001.jpg
盆休みの隙をついて
恒例の2日キャンプに2日コテージ。自分だけの釣りはなかなか出来なかったけど、なんとか尺岩魚に遊んでもらえた。イブニングライズはキャストごとに釣れたけど、サイズは上がらず・・・そうかと思えば全く釣れなかったり。
1時間ぐらいの釣りばかりだったから、落ち着いては出来なかったね。

P8040008.jpg
別の日に北アルプスで
盆休み前の北アでは、いつものサイズ止まり。しかし故あって、いろんな方の釣りを後ろからつぶさに観察することが出来た。それ以来から盆休み中にかけて、いろいろとイメージし、いろんなシステムで釣りをした。モノになったものもあるし、どうにも出来ない事もあった。メリットを感じる場面もあったし、デメリットが目立つ場面もあった。
状況によっては使える物とそうでないもの・・・他人はどうしてそういうシステムで釣りをしていたのか、どうしてそのフライを使っているのか・・・なるほどなあと思うことも多かった。
9月になったら自分だけで、思いっきり釣りをしたいけど、どうかな。なんかちょっと疲れたし、9月もなんだかんだと予定が多い。それに海もなあ。秋風が吹く頃にはアオリイカやカマス、カワハギも良いからなあ。さて、どうしたもんかな。
2013.07.24 夏の渓
P7210054.jpg

7月になると自分はほとんどウェーダーを履かない、速乾ズボンでの釣り。ちょっと冷たい時もあるけれど、こんな綺麗な水ならば濡れる事もまた楽しい。

P7210059.jpg
夏!って感じの空
ギラギラ太陽が照り付けて、冷たい水がより心地良いです。
先日の土曜日は2年振りかな、名手のおじさんと釣り。泊まって日曜日は午前の3時間だけ釣りしてきました。結果的に言うと夏らしくそこそこシビアな釣り。初日は岩盤の際のほんとにギリギリを責めて尺2本。
2日目は人が多くてシビアな区間だけど、羽蟻がパラパラと出てくれて、尺1ツって感じでした。泣尺はまあまあ、出てくれたかな。

P7200014.jpg
巻き返しの岩盤ギリギリで

P7200020.jpg
こちらは大岩の巻きで
初日はカメラの設定がおかしかったようで、妙に青い写真になってしまいました。

P7210022.jpg
2日目はとにかくミリ足らない泣が多かった

P7210029.jpg
これも

でも

P7210044.jpg
なんとか良いサイズ

初日、名手のおじさんと午後から釣りをする予定だったので、午前は今年初めてのちょっぴり狭い流れに行ってみた。今年は釣れない情報ばかりだったから、どんなもんなのかなと思って。
確かに魚は減っていた。それもかなり。90分ぐらい釣りをして止めちゃったけど、なんとか3ツご挨拶。

P7200008.jpg
源流岩魚。9寸チョイで嬉しかった
このまま無事に産卵してくれると良いんだけどね。

P7210034.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。