上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PB280003.jpg

どうもです。
テンプレートをいろいろいじっていたら過去エントリーが上手く表示できなくなってしまったので、消しちゃいました。

PB280001.jpg

ところで、先日の話し。フライで新メソッドをお試し中にこんなヤツが釣れちゃいました。これってひょっとしてあの魚??それとも外道???
残りは餌とルアーにて・・・

PC050029.jpg
こいつ釣るために買ったロッドじゃないけど・・・バクバク

PC050030.jpg
カマスもナブラが湧いて5本ほど
この日は夜に入ってアオリ2ハイ追加。カワハギメソッドもたぶん完成したし、この日の晩酌は『うははは・・・』

追記
どうも、マハタで間違いないようです。

2012.11.23 日本海満喫
PB210153.jpg

仕事1割、遊び9割の2日間を過してきた。
そそくさと仕事をやっつけて日本海。ところがところが、ご覧のとおり濁っている。ちょっと釣りにならないなあと思いつつ、車は西へ西へ・・・
DSC_0160.jpg
ボトムを探って・・・

DSC_0162.jpg
ドラグを引き出すサイズでした

エギングにはまってます。いろいろ気になることが多いから集中的にフィールドに立ってる。
仕事終わって短時間の釣り。戻ってさらに仕事なんて事も・・・もちろん睡眠不足だけど不思議と仕事も釣りも集中している。覚えているうちにざっと記録。

10/21(日) 小潮 Hi 10:12 145 20:44 139 * Low 3:00 38 15:31 106
昼間から釣り。早くも遅くもない流れで昼間からエギへの反応が良い。ただ、サイズがなかなか上がらない。最大17センチぐらいかな。数は16杯ぐらい。

10/24(水) 長潮 Hi 0:24 124 14:01 142 * Low 7:02 68 20:15 84
前日にまとまった雨で濁りが入る。水潮の気配。
流れも悪く、2枚潮な感じは水潮の影響かな?反応悪く4杯ほど。

10/25(木) 若潮 Hi 2:01 131 14:44 147 * Low 8:14 69 21:00 69
前日とは潮が変ってクリア。水潮の影響は取れた感じ。ベイトも多い。
潮の流れは緩いけどエギへの反応がすこぶる良い。最大22センチほどだけど20センチ前後が連発。なぜか小型のアオリが姿を見せず、18杯ほど。

10/26(金) 中潮  Hi 3:04 141 15:18 151 * Low 9:07 69 21:36 55
前日とさほど大きな差はないのだけど、反応があまりよくない。それでも6杯ほど。型は小型が多い。

10/28(日) 大潮 Hi 4:32 158 16:16 158 * Low 10:25 70 22:39 33
今日は昼間から釣り。潮がなかなか動かない。昼間は1杯だけ。マズメ時もほとんど反応なし。オヤジのアジ泳がせにはずっと反応している。夜8時ごろ完全に潮が留まる。そのころエギに反応。群れが入ったようで、ポンポンと釣れる。ところがこの時間、アジには無反応で不思議。
最大22センチ、6杯ほどだった。

10/31(水) 大潮 Hi 6:16 167 17:33 160 * Low 11:57 79
またも潮はあまり動かない。反応もあまりなく、1ツを除いては小型ばかり。最大で23センチ。4杯。

11/2(金) 中潮 Hi 7:22 160 18:26 154 * Low 0:39 25 12:55 87
潮が強めに動いている。ベイトも豊富で良い感じ。ところが流れの中、反転流・・・どこに入れても反応がない。もうどうして良いかまったく分からない。20センチと小物1杯のみ。

今日は友達とひさびさカンツリの予定だったけど、延期。ってことで明日もたぶん海・・・いや、きっとそう(笑)
PA260035.jpg
2012.10.22 釣りは楽しい
PA210036.jpg

まいど~です。
仲の良いルアーマン達からはルアーに転向かあ?って言われるけど、そうじゃないです。僕の場合、ジャンルを問わず、ただの釣り好き。この時期はいつも海のエサ師と化していたけど、それがルアーに変っただけ。そんな訳で日曜日もアオリイカ。
新子フィーバーも少し落ち着いた感のあるエギング。エギがダメでもアジの泳がせ釣りなら、なんとかなるかも?と思い、伊豆へ。堤防はどこも人・ひと・ヒト。相変わらずだだけど、エギングは少し減ったような。
2週間ほど前に来た時はアオリの気配が薄かったのに今日は反応がまあまあ良くて昼間からポツポツと反応する。反応が悪くなってきた午後3時ごろからはアジも投入。すると1投目からあたる。やっぱりいない訳じゃないんだ。しかし、小さいのかノリが悪い。

PA210034.jpg
こんな景色を見ながら釣り場へ
今日はベイトが多いなあと思っていたら、夕方になるとあちらこちらでナブラ!ナブラ!青物が回ったか。
急いでエギからメタルジグにチェンジ!しかし簡単には出てくれない。そうこうしているうちに、今度はアジの泳がせのウキが沈み、アオリが掛かった事を知らせている。タイミングを計って合わせるもまたバレタ。
くそ~!と思い、そのまま死んだアジを投げなおし、ナブラに向かってまたキャスト。すると、ゴンっと当たりだけ!ニャロ~!そして今度はまたアジにアオリが。もう、テンヤワンヤの大忙し。しかし、しかし、手前まで寄せながら、痛恨のすっぽ抜け。
アジを新しくして、再キャスト~。ナブラも無くなり、エギに戻すと1投目でズン!バットからキリキリ曲り、今まで出一番大きい感じ!しかし、しかし、またもありえねー4連続目のバラシ・・・むう。二兎追うものは・・・である。
再度エギをキャスト、またもズン!今度は大きくないが無事にキャッチ。するとアジにもアオリが・・・なんて忙しくも楽しいイブニングでした。キープサイズは10パイ。最大で胴長20センチでした~。
IMG_2113.jpg
しまった~酔った勢いでポチッと
先日のエギングで、なんかやっぱり新しいリールが欲しいなあと思っていた所。酔ってネット通販は見るもんじゃないね。DAIWA CALDIA2506はなかなか良いリールで、大型メバル狙いにも最適な感じ。これを携えて金曜日の夜にまずは食料調達のためエギング。
前々からの約束で隠れ家にみんなで集まってバーベキュー。そのためにエギングしていたと言う訳なんだけど、海へ着いたのが遅くなって、90分ほどしか出来なかった。それでも余裕のツ抜け。場所が良いのかな。同じ場所でずっと座りながら、この数だからね。
御方様にアドバイスも頂いてさらにエギングが楽しくなってしまった。

IMG_2120.jpg
なんでバーベキューやるとみんな花火をしたがるのかね
本当はもっと、どーんと大人数でやろうと思っていたんだけど、子供の運動会やら、毎週遊んでらんねーよ!やら、うちの子供達は○○くんが来ないなら行かなーい・・・などなどで、結局参加は9人。
昼間からず~~っと飲んで、食べて、盛り上がってしまいました。男も女も子供も混じって、なにも気を遣わなくて飲み食いできる仲間だから本当に楽しい。気の知れた仲間は本当に大切です。温泉入ってまた飲んで、結局日付が変って暫くしてから就寝。

IMG_2122.jpg
こいつは28センチほど
渓流最終日は僕も数時間ロッドを振った。前の晩にワインをしこたま飲みすぎて、酒が抜けなかったから午後から3時間ほど釣り。さすがに人が多くてびっくりな感じだったけど、気にせずロッドを振るしかないよなあ。台風前で雲が早い。なるべく人を避けてコソコソと釣り開始。

IMG_2133.jpg
対岸に出来た緩い流れ
そうは言っても足跡多数だし、産卵行動を意識しているのか、さすがに出が悪い。それでもポツポツと釣れながら迎えたこの場所。対岸はいかにも岩魚が好みそうな流速に沈み石の組み合わせ。しかもアップクロスからしかキャスト出来ない・・・むむっ、残っていそうだ。

IMG_2126-001.jpg
今シーズン最後の岩魚はちょうどの尺
フライを一のみした岩魚は手前のガンガン瀬に乗ってどんどん下ったけど、キャッチできました。
渓によっては昨年の台風の影響でかなり厳しい局面もあったけれど、今年もたくさんの岩魚に遊んでもらったな。
これで心置きなく海で遊べるってもんです。海は朝だけとか、夜だけとかの時間で遊べるし、何より釣ってオイシイからやめられない。エントリーしていないけど、春から何度か子供とサビキ釣りはしていて、秋はサバやアジも釣れる可能性があるから楽しみ。サビキ釣りは僕よりも子供メインだけどね。

DSC_0144.jpg
ハタケシメジをゲット
今年は雨が少なくてどこもキノコは不作らしい。市場でもなかなか天然国産キノコが回らないらしいからね。そんな中でハタケシメジの収穫が出来た。このキノコは栽培もされていて、時々スーパーでも見るけれど、天然モノは味、香り、色が全然違う。火を入れても黒くならないし、これでシチューを作ると出汁がすごく良く出て、肉なんか入れなくてもすごく美味しい。ボウル1ツ分の収穫。
今年も何事も無く禁漁になりました。毎年思うことだけど、来年も釣りが出来る環境を作らなきゃあって感じですね。
2012.09.23 初エギング
DSC_0139.jpg
掴んじゃってますね~
ルアーでイカを狙うには餌木(エギ)を使うんだけど、エギングって言います。
エギング専用のロッドを購入して、昨夜行ってきました。どんな釣りでもそうだけど、最初の1ツを釣るまではなんだか良く分からない。2時間ほどノーヒット。
んで、まずは小さくとも1パイって事で2.5号の小さめのエギを使ってシャクっていると手のひらサイズがご挨拶。地合が着たのか連続ヒット。
よしよし、少しわかったぞ~って所でエギを少し大きくしてさらにシャクシャク・・・ラインが微かに軽くなったとこを合わせるとズンッ!銅長20センチ弱だけど、15ハイほど釣れて満足満足~
IMG_2086.jpg
いのししさん、あの川のあの区間ですよー
今シーズンの締めのつもりで用意周到に準備して、ずっと行きたかった”あの川”に行ってきたんですが・・・ね。期待とは裏腹な結果に終わりました。

IMG_2093.jpg
綺麗な岩魚。28です
北アルプスの渓で釣りをしていると、ピントが合ってないなあと感じる事が多いです。いつもいろいろと考えながら釣りしてるんだけど、もう一つ合ってない。もうそれがなんなのかサッパリ分かりませんが。管理人の引出しが少ないっていう事が一番大きいのだろうけど、それにしてもなあ。
帰り道はいつも、モヤモヤしながら帰ってます(笑)

IMG_2103.jpg
こちらもいつもどうりの結果ですね。そう、泣きサイズ
そんな北アルプスでも上の岩魚が釣れた渓はお気に入りの流れ。

IMG_2107.jpg
また来年会おう
なんだかグチっぽいエントリーになっちゃったなあ。
月末は仲の良い連中と山でバーベキューの予定なんだけど、釣りに行く時間も作ろうかな。なんとなくこのまま終わるのもねえ・・・
IMG_2076.jpg
尖ったエルフィン付きの岩魚
毎年の事ながら9月になるとあっちもこっちも行きたい場所があって大変。
たまにはヤマメを・・・なんて思ってはみるんだけど、相変わらずの渇水と高温じゃあ、釣れる気もしないしなあ。やっぱり涼しい場所で岩魚釣りのほうが好きだなあ。

IMG_2074.jpg
34.5のゴッツイ奴
最初、フライは14番前後にティペットは6Xを使ってた。でも寸前のところでUターンとか出ても乗らない状態が続いたからもっと繊細な感じにしようかと思ったんだけど、そうしなくて良かった。
大型が着きそうな深瀬にドライフライを流し込むとぐあっと一のみ。こういう奴が出るからやっぱり細くするのは怖い。でも、乗らないと変えたくなるです。でもでも、それで何度悔しい思いをしたことか・・・渇水の時期はいつもそのせめぎあい。
ただ今日は運よくマッチフライを見つられて6Xでもちゃんとフッキングするようになった。バッシャーンと激しく出たかと思えば、スポッとフライが消えたりして良い感じ。思うところあって2本だけ用意した新作フライに助けられた。

IMG_2082.jpg
今日もバットまで曲げられました
今回の尺もフッキング後すぐに大岩に入られそうになったけど、ロッドの力で停められた。
エルフィン付の岩魚は水量豊富な渓に生きる強い岩魚の証みたいな気がする。いや、たぶんそうだ。30センチぐらいの岩魚ではそうは見られないかも。
ちなみにエルフィンイワナなんて名前はたぶん存在しないです。僕が勝手に言ってるだけですから。
今日は何だか釣りに身が入らなくて早上がりでした。
ちょい久しぶりに白馬フロンティアさんです。今回はいろいろあって店長殿もご一緒。
昼間は雄大な北アルプスに全力で遊んでもらい、温泉入って泡ブクを飲んでいたらうっかりお手伝いの約束を忘れてしまいました(滝汗)え~、どうもすいません。
しかし相変わらず、北アルプスの渓はハードで舐めてるとやられます。

IMG_2023.jpg
お疲れ前の店長殿。ぐいぐい行きます

IMG_2026.jpg
フッキングしてから2度もジャンプした岩魚

IMG_2034.jpg
さすがに連日叩かれてキビシイか

IMG_2038.jpg
北アルプスのいつもの数ミリ足らない泣きだけど、とっても綺麗です

IMG_2042.jpg
軽やかにメンディングしながら対岸を狙う

IMG_2043.jpg
そして店長殿入魂。いいね~

IMG_2046.jpg
今日は泣き2ツ、28と27センチがそれぞれ2ツづつ&子供達

2日目の朝。僕の竿を作っていただいている大村さんも交えて3人でどこへ行こうかあーでもない、こーでもない。話はあっちこっち飛んで、結局決まったのは9時過ぎ。みんなぜーんぜん急ぎません(笑)
この日は雨の予報もあったし、鉄砲水が起きにくい場所って事で3人で藪沢へ。

IMG_2052.jpg
大村さん、さすがの釣りです

IMG_2057.jpg
こういう場所もたまには面白いのです

IMG_2058.jpg
一見しゃびしゃびな感だけど、岩魚の隠れ家はたくさんあります

IMG_2061.jpg
手前はテストロッドだそうです。3人で大村ロッド
3人でわいわいがやがや、熊鈴がなんと無意味な事か。
雨には降られたけど、活性を上げるぐらいの雨で済んだから終日遊ぶ事ができたし、大場所はジャンケンで攻める順番を決めてアタック・・・みんなで楽しく渓遊び。
午前中、この沢に似合わないサイズを掛けてしまったのだけど、空気を読んで!?ティペット切りました・・・ガクッ。その後もやはり4連続のバラシに最後はまたも良さげサイズをフッキングせず終了・・・ティペット切れとお二人の前でさんざんエゲツナイ釣りをしたので、下手であることがバレバレな管理人でした。それにしてもなぜかここでは遠い尺の壁。うーむ、うーむなのです。
山猿さま、御大Tさま、大村さま、店長さま、楽しい時間をありがとうございます。
九州チームさま、明太子、お酒、たいへん美味しかったです。感謝感謝でありまする。
2012.08.23 残暑の渓
IMG_1971.jpg
前回に比べてしまうと・・・(苦笑)
出張ついでの渓へ出撃。残暑が厳しいですね。雨もなかなか降らないし、渓は当然のごとく渇水。
IMG_1901.jpg
まるで広告ページのような一式でしょ(笑)
2泊キャンプして2泊コテージ泊まりで家族旅行。朝は18℃前後だし、日中も木陰に入ればひんやりと心地よい風が吹き抜ける。天気にもほぼ恵まれて、おおよそ理想の5日間の避暑旅行から帰って来ました。
2012.08.01 記憶の更新
IMG_1859.jpg
新規で山深い沢
先週の話し。
初めて行ってみた渓。ウェーダー履いて来たから暑くて暑くてフラフラになりながら釣り上がると、意外と魚は多くて、ポイント毎とはいかないまでもポンポンと出てくれる良い渓だった。規模は小さいけれど、滝のような落差があったり、開けた区間もあったりと変化にとんだ良い渓だったなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。